ViVid Strike! 8話の感想|ここからのリンネが重要なんですよ

さいごあんなに殴られたのに怪我してないってのがすごいメンタルはやられてたけど(; ゚゚)
なんと言うかこう、本格的に才能(笑)なお話になりましたねぇ(苦笑
今回の試合、どっちが勝ってもそれなりに納得しただろうし、同時に悲しい気持ちにもなっただろうと思って見てたけど両方とも予想以上だった。確かにリンネちゃんは負けないといけなかったし、それでも負けた後本音を話せる人がいないリンネちゃん見るの辛い
ヴィヴィオがぬくぬくした環境で育った甘ったれお嬢様?リンネ君や、君はなのはSSで繰り広げられたヴィヴィオの壮絶な過去を知らないからそんなこと言えるのだよ、実の親はいない上に生体兵器のクローンとして作られて、育ての母に全力全壊やられたんやぞ
次回のタイトルが再会だけどこれは誰と再会するんだろうか
不幸なリンネちゃん魅力的だけどロリ時代も天使だったから幸せにもなってほしい…二律背反
フーカちゃんと拳で語り合って和解しつつ、少しでも前向きに明るく、昔みたく笑ってくれたら嬉しいなぁ
何不自由なく育ってないヴィヴィオ

・クローンとして生まれる
・下水道から出てきたところを保護される
・変な博士に拉致されて体いじられる
・エリート公務員魔法少女(19)と戦って全力で魔法をぶち込まれる
・エリート公務員魔法少女の養子になる

リンネの戦い方は相変わらず力任せ。

効かなかったカウンターのタイミングで強引にガードの上から相手を破壊する戦法でヴィヴィオの左足をクラッシュ。
機動力を殺した上で乱打、ダウンを奪います。

ここからのリンネに注目だね。本当の強さに気付ければ、きっと違う世界が見えてくる。
ヴィヴィオはもう負けるかもしれないと思って負ける位なら今自分にできること全てをぶつけて冬を終わらせようと決心してからはもうカッコよかった
この後どうなっていくか
そろそろ
リンネに救いの道が開けますように
というかあの光の場面はリンネの脳内モノローグなんだから、直接会ったり見たことがない(はず)の両親の顔が描けないのは当然といえば当然なのよね(ヽ´ω`)