終末のイゼッタ 8話の感想|回を重ねるごとにバッドエンド臭が強くなっていく

勝利は間違いないでしょう ←負ける
遠距離射撃の作画クッッッソ良かったな
ゲイルにつくわけでもなく第三勢力になるとは・・・イゼッタ面白いぞ
やっぱりイゼッタの「ひめさまー」がかわいすぎる
若い男から死なしていく構成に闇を感じる…
バッドエンドしか思い浮かばないんですけど大丈夫ですか。
ぽんぽん脱落するわ、悪いやつばかりだー
パーティー中は完全にできてたな!
そして、あれが敵の魔女で、本物の白き魔女と。
予告で姫様が勝ち誇って敗北フラグ立ててる(´・ω・`)
そろそろイゼッタの無敗伝説が終わる頃か
でもおぼっちゃんが悲劇は避けられないうんぬん語ってくれたおかげで逆にイゼッタと姫様は大丈夫な気がしてきたよね
終末のイゼッタ第8話視聴。
架空のお伽噺になぞらえた回だった。少尉の最期は悲劇的だった。いよいよ魔女の秘密がばれたっぽいしこれからどうなるのか続きが気になる。アトランタも味方にならないしエイルシュタットも不憫だなー。次回も楽しみ。
魔女を手放せば、合衆国はエイルシュタットを助けるとかなって、イゼッタは国を離れるどころか指名手配とかなりかねない(笑)。