装神少女まとい 7話の感想|水着と温泉の素晴らしさ

次回、まといちゃんのママンについて詳しく判明するのかな?
母親を継いで纏装の巫女になるのかな
やよいさんも変身解けると全裸になってしまうと思うともう・・・
先代が出てくるとかすごい、プリキュアみたいだ
水着と温泉で俺らを「ありがてえ…ありがてえ…」と感謝させる一方で、といちゃん父娘の関係性もしっかり描ききろうとしてる。こういうのでいいの、こういうので。
うしおととらみたいにお母さんは生きてて高次元で結界張ってるとかなのかな
貞操の巫女になりますって聞こえたけどきっと違う
しかしこのアニメ、シリーズ構成的にどういふ方向に進んでいくつもりなのか未だによく分からない
纏創の巫女、つまり巫女服を纏わないってことですね。楽しみだ。
決めるの早っ。本当に覚悟決まるの早すぎよまとい
最強どうこうで決着はつかないと思うけど、それはそれで高次元体の存在感が寂しい感じになるなw
でもそういうのを背景に父と娘の話をブレずにやるのがとても良いです。戦いなんて大人に負かせりゃええねん

毎回思うんだけど、慎吾君って呼ぶの可愛すぎない?

まほいくといいまといといい、魔法”少女”ってなんだ
退魔少女には定年ないんですかね(まほいい思考)
いきなり水龍招来するんじゃなくて、昔退魔少女はいっぱいいた事実に始まり、海=水、巫女、竜の像ってちゃんとそういう能力持っててもおかしくないように段階的に断片的な情報見せるの納得しやすくていい