(゚∀。)y─┛~~ 4日(日曜日)は遠出するから更新できないかも

3月のライオン 5話の感想|辛いけれど魅入ってしまう

ももちゃん、ああっ…!可愛い、癒される^ – ^
先週のコメディパートに比べて、今日の三月のライオンの話は重かったな(´・ω・`)

零ちゃんは1人じゃないよーー
大丈夫だよーー(;ω;)
そしてシャフト演出全開って感じだったね
今話のモノローグは今でもずっと心に残ってる。
おおお…今週もよかった…。色がついて画面の説得力が更にマシマシになりましたね。
天才と言う異常者が二人も居た為に家庭が壊れてしまった。しかし当人・・少なくとも幸田父にその自覚は無く、当然の努力の帰結(するべき事をしているだけ)だと思っている。正しい異物の強烈な光が凡人達を食い散らかした。
俺たちの香子姉さんはやはり最高だった。まだこれからだけど。
好きになるのは
零くんみないなめんどくさい子が多いです

今回は桐山くんの過去回だったね
桐山くんには幸せになってほしいなあ
原作もめちゃくちゃ良いので見たことない人は是非読んで
香子ちゃん大好きなんだよなぁ
偶然だけどヨーコと同じ井上麻里奈さんだわ

ずっと二階堂出しといてほしい(笑)
もうね暗いしつらい(笑)

カッコーの話と下りのエレベーターがない話の辺りで友人に作品を勧め始めたなー
零くんの過去辛い(´:ω:`)予告が救いだわ。。
終始つらくて重い回だった。だが不思議な美しさが
この話があっての直接対決の生々しい拳の痛みに繋がるんだよなぁ
終わってしまった…
ももちゃん、ちゃんと「さんがつ」読めた!すごい!天才だ〜!!
神童と呼ばれるような天才が将棋の奨励会に集まる。
周りから天才と呼ばれた神童が、天才でも何でもないただの人間と思い知らされる場所が奨励会でもある。
その中でも一握りの天才だけがプロ棋士になれる。
そう考えると師匠の子供たちは才能無いし、師匠の対応は当然だわ。
3月のライオン 第5話見終えた。過去話。今回の話は重かった……家族の話としてはどの境遇もそれぞれ辛いと感じたし、プロ意識としては肯首するところもあるしで、いずれにせよ話や演出や絵作りが本当に素晴らしいです #NHK
零くんが悪い訳じゃないけど、でもどうしようもないコトってあるよね
二人とも、れいちゃんが才能じゃなくて努力で強いの知ってるからより辛いよね
今週はまたビター回です。そしてエンディングのファイターが何もかも救い上げてくれる神曲過ぎて。何回も何回も言ってるけど、ファイター大好き!!
覚悟はしていたけど今回本当に辛かった……体が鉛になったみたいな痛さがずっとあった……あとところどころシャフト感が強くて……こういう描写はさすがだなって………ううぅ

零には妹がいたのね。そして遺体と対面するシーン。遺体って、信じられないくらい冷たくて硬いよね。自分のことカッコウって思い続ける、零。カッコウの巣から出たくて将棋を指し続ける零は、他の人と背負うものが違うんだろうな。

コメントの代わりにtweetしてね!