(゚∀。)y─┛~~ 4日(日曜日)は遠出するから更新できないかも

魔法少女育成計画『まほいく』1巻の感想|概ね満足だけど掘り下げがなかったのが不満

魔法少女育成計画は読書メーターで進められて購入したんですがそのまま読まずに積んだまま。しかし、アニメの1話が面白かったため読むことにしました。

あらかじめ魔法少女たちが殺し合いをするこという事は知っていたため特にこれといった驚きはありませんでした。しかし、その死んでいくスピードが速く、しかもそこで死ぬのかといったキャラが数人いたためそういう意味での驚きはありました。

特にラピュセル。どのキャラも死ぬだろうなーとは思っていましたが、死ぬにしても何かしらの描写はあるものと思っていました。それがスノーホワイトの幼馴染ともなれば絶対にあると思っていましたが…うん、ビックリするくらいあっさりと死にましたね。

まさかの戦闘描写なし。そしてちょっとした葬式の描写あり。

何でだ。戦闘描写を軽く入れるくらい良いじゃないか。

まぁ、それとはあまり関係のないことですが、魔法少女育成計画は全体的に掘り下げが足りないように思いました。キャラが死ぬ分には良いんですけど、それがあまり知りもしないキャラだと「ふーん」で終わってしまいますし、魔法少女育成計画の場合は死ぬ速度がビックリするくらい速いため、そう思うキャラは何人かいました。

でもまぁ、不満らしい不満は掘り下げが足りないことくらいそれ以外は特にありません。それに一巻で全キャラの掘り下げを行おうとするとホライゾン並かそれ以上の鈍器になってしまいますからね。こればかりは仕方がない。

にしても、1巻で物語が終わったにも関わらず続きがあるという現実。しかも、その続きの方が評判が良いとなると気になって仕方がない。

今から2巻3巻を買ってこよう…。

どうでも良いことだけど、まほいくはスノーホワイト以外は死ぬものだと思ってました。けど、まさかのスノーホワイト以外に生き残るというね。これには驚いた。

コメントの代わりにtweetしてね!